2008年01月29日

ニッセイ、職場の女性支援へ「推進室」

ニッセイは、同社で働く女性社員約5万5000人がより働きやすい職場環境を作るため、3月末に女性社員のみによる「輝き推進室」を新設すると公表した。
推進室の設置に加えて、さらに2008年度から育児休業などの制度を拡充する方針だ。

「輝き推進室」は女性社員4〜5人で組織され、女性支援のための社内セミナーを開催するほか、人事制度などで意見を募り、職場環境の改善について会社側に要望していく。育児休業など制度面の拡充では、現行の育休制度は子供が1歳になるまでしか認められていないが、4月以降は子供が2歳半になるまで休暇を取れるようにする。さらに、子供が小学校に入学するまでは、5時間の短時間勤務も可能にするという。

日本生命保険ではこれまで結婚や出産を機に退職する女性社員が多かったが、この推進室設置をきっかけに優秀な社員の離職を食い止める狙いだ。 2008年1月現在で日本生命には内勤で約6400人、営業は約4万8000人の女性社員がいる。
posted by はたっち at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

住友生命、中国の保険事業を強化

住友生命保険は中国での保険事業を拡大する。中国の損害保険大手PICCホールディングと合弁出資した生保会社の中国人民人寿保険が2007年中に25支店を新設。沿岸部から内陸部まで中国全土をカバーする支店網を築いた。住生は合弁会社の保険料収入を、現在の年間40億元から数百億元規模に拡大していく方針。

中国人民人寿は2005年11月に設立。住生は当初29%を出資し、生命保険の商品開発や営業ノウハウを提供してきた。

posted by はたっち at 15:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

アフラック、ネットで販売員の育成強化

アフラック(アメリカンファミリー生命保険)は、同社が全国各地で展開している来店型店舗「アフラックサービスショップ」の販売担当者の育成を強化する方針を明らかにした。インターネットの「eラーニング」を活用した教育プログラムを導入し、担当者が商品知識や接客ノウハウを空き時間などを利用して取得できるようにする。生保業界では来店型店舗を拡大しているうえ、昨年12月には銀行窓口での保険販売が全面解禁されたこともあって販売競争が激化しており、今回の育成強化で優秀なスタッフをそろえ、店舗の競争力強化を図る。

今回導入する教育プログラムは「てっぺん塾」。同社の情報サイトを通じて提供する。学習は販売担当者が各自で行い、定期的に習熟度を確認するテストが実施されるほか、店長らを講師とした職場での実地学習会も開く。

アフラックサービスショップは、1998年から代理店契約を中心に展開を始め、昨年11月末現在で店舗数は610店に上る。

同社ショップ推進部の堀内正紀部長は「ここ数年は毎年100店以上の出店を続けてきたが、今後は出店ペースを落として、サービス品質の向上に注力する」と話している。

他の生命保険会社では、最大手の日本生命保険は来店型の「ニッセイライフプラザ」を全国各地に57店出店しているほか、住友生命保険と三井生命保険は合弁で「保険デザイナーズ」を設立し、2006年から「ほけん百花」の出店を始め、10店をオープン。ほかにも来店型を中心とした独立系の保険代理店のアドバンスクリエイトが約100店の「保険市場」を展開しているなど、来店型店舗は各地で広がりを見せていた。

 

posted by はたっち at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。